発表から随分経ってやっとゲームの詳細が判明しました。


三國志13


20150807_sangokushi13_B



 


マップがシームレス化



三国志11のようなシームレス3Dマップになりました。

20150807_sangokushi13_01

ただし、三国志11のようにこのマップのまま戦闘するのかは不明。

20150807_sangokushi13_06

この画面を見る限り、信長の野望創造のように、マップ画面と戦闘画面を切り替える形かもしれません。

私的には創造ライク(マップ上は▲表示で、部隊戦闘を操るかどうかはプレイヤーが選択)なものでもいいです。

シームレスを謳っているので、少なくとも、このシームレスマップを部隊ごとに進行することができるのは間違いないはず。


一番やった三国志11のようなシームレスマップが復活したのが嬉しい。

三国志12では廃止されて寂しかったんですよ。

戦闘の形式としては三国志12も悪くは無かったんですが、11が良過ぎた。




武将プレイ搭載!



これは嬉しい。

三国志Ⅹのように、君主だけではなく武将や浪人や新興勢力プレイができるのですね。


そして「絆システム」という新たなシステムが追加されるそうです。

20150807_sangokushi13_09

武将や姫同士の繋がりが表された相関図。

そして繋がりが強い武将で戦闘に向かうと何かしら有利なことが起こるそうです。

三国志11では指揮武将が義兄弟や血縁にあると援護してくれたりしましたが、そういう効果があるのか?




キャンペーンモード「英雄伝



過去作でもありましたが、ストーリークリア型で三国志の名シーンを追体験できるモード。

20150807_sangokushi13_11

この画像を見る限りでは過去作のものよりもちゃんと作られているように見えます。

正直言ってこういうモードはほとんど触らずに終わることが多かったのですが、完成度に期待ですね。




期待してます



正直、三国志12にはガッカリでした。

もしかすると対戦とかだと面白かったのかもしれません(私はやってない)が、私はもう数回プレイしただけでやめてしまいました。

内政とかは良かったと思うんですけどね・・・戦闘が駄目だった。

視界の導入とかRTS化とか、面白そうな雰囲気なのにプレイしてみると全然楽しくなかったです。なんなんでしょうねあれ。


というわけで三国志13にもそんなに期待していなかったわけですが、シームレスマップと武将プレイ復活で一気に盛り返しましたね。

どこにも所属せずに各地を放浪して仲間を集め、自拠点を持たない一大勢力として各国の戦争に介入する義勇軍プレイとかできるんでしょうか。


それか丁原配下の張遼で始めて、色んな君主を渡り歩くプレイとか。

これ10でやってたんですけど楽しいんですよね。

丁原から董卓に君主が変わったところで出奔して呂布とバチバチ戦うifプレイとか楽しんでいました。



発売日は2015年12月10日で、プラットフォームは 

PC
 と PS4 / PS3 
です。


PCとコンシューマ同時発売とは珍しい。


12月か・・・他のタイトルもあるからプレイできるか微妙だな・・・