2015/08/31 正式サービススタート!



ドラゴンズドグマオンライン

mE3_HumL

PS4 PS3 PCでプレイ可能の基本無料オンラインRPGです。

ドラゴンズドグマは2012年にCAPCOMから発売されたオープンワールドRPGで、本作はそのシステムや世界観を踏襲しつつオンライン(MO)に特化した作りとなっています。



まだ序盤ではありますがレベル13までプレイしました。


ちなみにこのレビューは無課金基準で書いています。

月額課金のコースでは印象が違うことも頭に入れた上でご覧ください。

 




ストーリー



一応ストーリーはあるものの、それほど際立ったものは感じられないという印象です。

サブクエストなんかも物語性無視で、繰り返し同じところにいる野党を倒して回ったり、○○を△個拾って来い!なんて依頼をやったのなんていつぶりだろうといった感じ。


まぁ、よくあるオンラインRPGとそんなに変わりない出来です。




オンラインRPGとしては異例のアクション性



P2PのMMOやMOではアクション性が廃されることが多いです。

クリックゲーや立ち回りゲーと揶揄されることも多い。

十分なリソースを確保する為であったり、スキルやビルドに特化したゲームが多い為かもしれません。



本作ではドラゴンドグマの持つアクション性をそのままにオンラインへと進化しています。

つまり、単純に戦闘が面白いってことです。


大きな敵へしがみついてよじ登ることができるのがアクションの大きな特徴で、平面だけではなく高さも利用して三次元的なアクションを可能としています。

特にパーティー戦闘ではこのアクション性の高さが際立ち、色々な攻略法がある(定石はあるものの)ので単純にキャラの性能だけでは語れない戦闘の奥深さを持っているのです。

これはもちろん雑魚敵との戦闘(所謂狩り)でも発揮され、ボタンをポチポチ押すだけ、スキルをうまく発動するだけではなく、敵の攻撃を避けたりよじ登ったりと色々な操作ができる分楽しく狩りができます。


私はここが一番の長所だと思っていて、攻撃ボタンを連打しているだけでは飽きてしまいますしつまらないですが、本作では狩りでさえ(多少は)楽しくできるのです。




ポーンシステム



オンラインということで人と協力する面白さももちろんあるのですが、ポーンシステムがあるのでソロでも攻略可能となっています。(一部除く)


ポーンとは自分の従者のことです。

自動で動く(設定や命令も可)ポーンと共に戦闘は繰り広げられます。

そして他人のポーンを借りることもできるので多人数のパーティーをソロで展開することもでき、ぼっちユーザーにも優しい設計。


そしてポーンも自キャラと同じくエディットできるので思い入れも込めやすい。


こんなじじいや

CJSHTAPUEAErZNr

美人さんを作成することもできて面白い。キャラメイクの自由度は高いです。

CJhldJEUAAAePIB




UI/HUD



デフォルトでは凄く小さく非常に見にくいです。

クローズドβではこれのおかげで目が疲れすぎて頭痛を起こすことが何度かありました。


しかし公式の発言通り正式版では変更することができるようになり、随分見やすくなりました。

11954608_164220197246181_3952505406077402181_n

UIとHUDはよくできていると思います。

ポーズメニュー中は戦闘はできないものの移動ができる点は良い。

それにポップアップメニューとなっており見やすいです。


唯一、マップでクエストの場所を見つけるのが少し面倒kなというのはあります。

移動ができるおかげでマップをあまり複雑化することはできなかったのでしょうし理解はできるのですが、クエスト一覧で瞬時にマップの場所が表示できればいいのにとは思いますね。

ただ、クエストの画面からマップへ移動できるようになっているので一覧表示がいらなければ不自由しないと思います。




グラフィック・フィールド



グラフィックは最近のゲームに比べるとそう良くはないですが、グラフィックを必要とするゲームとは思えませんし必要最低限でしょう。

そこらへんのMMOよりは綺麗ですしね。

11990570_164279673906900_7106524648483220087_n



フィールドは地域ごとの分割フィールドとなっています。

起伏がありP2PのRPGとしてはなかなか凝っている。

風景もなかなか美しいです。

11988584_164276707240530_2100967212219460123_n (1)



ただし、フィールド移動は結構ダルいですね。

ファストムーブはあるもののポイントを消費しなければなりません。

そして高速移動はスタミナが減るので長時間は走れず、スピードも遅い。

乗り物があると良いんですけどね。おそらく後々出てくることでしょう。




課金要素



一番いけないところはここです。

P2Pなので課金による色々が仕方の無い部分も当然あるのですが、ガチャはどうだろうと思いますね。


オンラインRPGというものは強い装備を手に入れるのに運と時間が必要なもの。

それを(ある程度)リアルマネーの力で解決できるようになっています。



それとまだ私は見ての通り序盤なのであまり感じることはありませんが、復活石の存在はいらぬ気遣いなどを助長する気がします。

もっと酷いものになると罵声やファンメなど。

復活石があることが前提とするパーティーもあるでしょうし、そこで復活できないと攻略に支障が出るのも確かで、「復活できないのに来るんじゃねーよ!」と思われてしまうのも仕方が無い部分もあります。

その辺がファンメの温床になってしまうかもという気はします。

私なら復活力がないと野良パーティーに入る気にはなりません。

しかしこれは気を付けたり学習することで回避できることですからそれほど問題ではありません。


やはりガチャの存在の方を言いたい。

リアルマネーは時短などに限定すべきではないでしょうか。




MMOと名乗ってはいけない 



本作はMMO(大規模多人数同時参加型オンラインRPG)とは言えないと思います。

MMOの条件として同時参加型であることが挙げられるのですが、本作は一緒に冒険するにはパーティーを組まなければならず、同時に多数のプレイヤーが混在するのは神殿のみ。

こんなの豪華なロビーと変わりないです。後はマッチングして冒険するわけですから。


本作はMMOではなくMOです。


いくらでもあるMMOと比べて同時参加型ではない部分に限定すると全てのMMOに負けていると言えます。



本作の多彩なアクション性などを多数参加型でやるとリソース不足となってしまうとか、スタンドアローンのようなゲームにしたかったとか、色々と理由はあるでしょう。

しかし、パーティーを組まない限り他のプレイヤーと(神殿でしか)出会うことができないのはオンラインRPGとしてかなり寂しいです。




PS4で基本無料タイトル



これはゲーム外の話なのですが、私は基本的にPS4で無料タイトルが出ることを歓迎しています。

それはPS4発売前に「P2Pゲーム充実させる」なんてことを言いながら全然充実しないラインナップに「すわ、詐欺か」と思ってしまうからです。


そういう意味では本作をもっと大きく評価したい。




総評



無料のゲームとしてはよくできているものの、オンラインRPGとしては疑問符が残る。


というのが総評です。

普通に面白いと思います。レベル上げなんかも楽しいし。



実はドラゴンズドグマオンラインは以前クローズドβの時点でレビューしていました。

ドラゴンズドグマオンライン レビュー 凡百のMMOとしては悪くない

ただこれはあくまでテスト中のことなので、正式リリースした今もう一度書こうと思ったのです。


テストとの違いとしては、UIが大きくなったことでかなり印象が変わって、とてもプレイしやすい環境になりました。

これだけで倍くらい面白くなった。


他にやるものが無ければしばらくプレイしたいんですが・・・ちょうどTPPを控えているのでこれ以上プレイ機会は得られそうにないのが残念です。